艶つや習慣とイボコロリの違い

実は常性疣贅で悩んでいる人は非常に多いのです。
尋常性疣贅の治療には、液体窒素やサリチル酸製剤やハトムギ錠が使われますが、
ただ液体窒素を使った方法では抗体ができないので、再発予防のためにハトムギなどを併用する人もいます。

 

一般的にはイボを取る薬と言えば、イボコロリが有名ですね。
イボころりはサリチル酸を利用した医薬品で、皮膚をやわらかくしてイボや魚の目を取ります。

 

艶つや習慣,イボコロリ,違い

 

一昔前では医薬品を使わずに、肌に優しいハトムギを使ったり、ハトムギが含まれている化粧品を使ってケアする人もおりました。

 

どうしてハトムギを使うの?

ハトムギは、昔からイボ取りの薬として使われており、吹き出物やシミの改善も期待できます。また、ハトムギには、ビタミンBやナイアシンが含まれているので、肌の新陳代謝を高める効果があります。

 

人間の体は新しい皮膚が再生されることにより、イボや魚の目の改善も期待できるのです。
また、角質層の保湿力を高めるので、肌のバリア機能が低下している人にも適しています。

 

オールインワン化粧品の艶つや習慣には、美肌効果の高いハトムギエキスが入っています。

 

艶つや習慣,イボコロリ,違い

 

さらに、あんずエキスやプラセンタエキスも入っており、ぽつぽつと角質粒ができた肌を滑らかにしてくれます。

 

艶つや習慣に入っている成分

水・BG・グリセリン・あんず種子エキス・あんず核油・バチルス発酵物・ハトムギ種子エキス・アセロラ果実エキス・オリゴペプチド-24・プラセンタエキス・アスタキサンチン・加水分解コラーゲン・アロエベラ葉エキス・クチナシ果実エキス・ヒアルロン酸Na・アラントイン・トコフェロール・トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセル・トリエチルヘキサノイン・オクチルドでセス-20・マルトデキストイン・ペンチレングリコール・クエン酸・カルボマー・水酸化Na・PG・エタノール・フェノキシエタノール

 

と女性の肌に嬉しい成分が多く含まれているのも、艶つや習慣が多くの女性に選ばれている理由の一つと言えます。

 

艶つや習慣は、1つで肌の手入れが完了するオールインワンタイプの化粧品ですので、
尋常性疣贅のようなイボを取り除くだけではなく、スキンケアの時間を大幅に短縮することができます。